スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「分かつこと」

    • 2013.03.02 Saturday
    • 23:28



     
    福島に残っている人達への思いを詩にしましたが、書ききれません。
    言えることは、
    原発から遠い生き方をしてきた人たちが、
    ひどい目にあっているということです。
    分かちあって欲しいのは辛さや悲しみ、痛みです。
    持てるものを分けることだけが「分かつ」ことではないのです。
    写真は福島市の水道局が水道水をペットボトルにして売り出したもの。
    かなりバッシングされました。
    カルトとも表されましたが、なぜ、人はこういった方向に向うのでしょうか。

     

     

     

    なじょすべ        

     

     

    わたしね 病気 治すために

    ムノウヤク野菜を 何十年も 食べてきた

    福島で 野菜 こさえるごども

    そこさ 居る ごども 

    やっては なんねえと 思うのさ

    だから カンパ 送らなかった

    まごどに 気の毒 だったども 

    と エミさんの 言う

     

    測定所 立ち上げた

    この 小松菜は 不検出

    よかったら 買ってくなんしょ

    それでも お客さん 3分の一

    と タモツさんの 言う

     

    下の 田んぼ 川の水が上がっから

    1万ベクレル あるんだよ

    阿武隈川の 青い 流れを見ながら

    スギウチさんの 言う

     

    ペットボトルの水道水 福島市が 売り出した

    すると 世間はこう 言うんだ

    カルト そのもの もう犯罪

    ストロンチウムは 測ったの

    プルトニウムは 出てないの

    フクシマ県を 閉鎖しろ

     

    なじょ すべなあ 

     

    おめさん方よ

    確かに オレも食わねえし

    飲んでくれとも 言わねえが

    悩む こころに 沿うてくれ

    オレたちに 欲しいのは 

    痛みを 分かつ こころだよ

    スポンサーサイト

    • 2013.03.24 Sunday
    • 23:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      関さんご無沙汰してます。以前大玉村でお世話になった武藤です。私は震災後悩んだ末に札幌に避難しました。でもいつも福島の事が頭から離れません。悔やんでも悔やみきれない現実。今年の春は特に安達太良山を思い出しては心が折れそうになってました。大好きな安達太良山…
      • 武藤 りかこ
      • 2013/05/13 9:40 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      カレンダー

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      最新の記事

      カテゴリー

      プロフィール

      関ジョニー
      本名 関久雄
      岩手県生まれ
      港湾で働きながら神奈川県の夜学卒業。1977年からバイトとヒマラヤ登山に明け暮れる。  1983年、登山中の転落事故が人生の転機となり、東京「ほびっと村」で無農薬八百屋の見習い。1984年「八百萬屋(やおよろずや)」開業。  1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに脱原発運動に参加。各地で非暴力トレーニングを開催し、さまざまな反原発アクションを起こす。  1994年に福島県二本松に移住し、塾経営や社会福祉の仕事を経て、現在、自然体験宿泊施設NPO法人「りょうぜん里山がっこう」事務局長を務める。妻と子どもの6人家族。

      アーカイブス

      recent comment

      search this site.

      携帯サイトへ

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
                   

      PR