スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    IAEAが福島にやってくる!

    • 2012.12.12 Wednesday
    • 00:51
     

    1215日から17日に郡山で「原子力安全に関する福島閣僚会議」が開催されます。前にも書きましたが、これは、原発を推進する国際機関IAEAが日本政府と一緒になって、世界に原発を「安全」に推進することを内外に伝え、福島県を始めとする被災者には、「ここにいても問題ない」ということにして原発事故を過小評価し、避難の権利をも認めないでいく、その宣言を行なうものと思われます。

     

    ●抗議の行動を行ないます!

     1215日、その会議が行なわれる郡山市の会場、ビッグパレットの前でさまざまな形での抗議行動を取ります。
    脱原発を宣言した福島県民としても「原発を推進する」動きは到底、認められるものではありません。
    当日、参加できる人はぜひ、ビッグパレットに集まってください。
    会場のどこまで近づけれるかは未定ですが、非暴力を基本にさまざまな表現を試みます。
    ちなみに、8時半から記者会見、11時半は「フクシマアクションプロジェクト」がIAEAに申し入れを行ないます。IAEAが会場付近で受け取ります。注目してください。ネット中継もあると思います。
    行動はアピールを始め、横断幕やプラカード、歌に踊り、太鼓、ダイインなどいろいろな動きを予定しています。寒いですのでしっかり準備をしてきてください。
    14時まで行動の予定、雪の降らないことを祈りたいです。

    この行動は「福島のおんなたち」や「子ども福島」のメールでも情報発信されています。

    なお、当日、ピースキーパーや運営に協力してくださる方を募集しております。
    非暴力のやり方に賛同・行動される方は関まで連絡をください。
    (080−5227−2110)

     
    15日の午後は脱原発を目指す「首長会議」があります。
    また、郡山の駅前にあるビッグアイの7階では「市民交流会」が行なわれ、抗議行動の振り返りを行ないます。また、会場の一角では「ホピの予言」のDVD上映も企画されています。

     

    ●カンパをお願いします

     当日の行動に関して一口1、000円からのカンパをお願いいたします。
    灰の行進に続いて二回目ですが、皆様のご支援をお願いします。
    プラカード作成、チラシ作成、通信費、会場費、移動のガソリン代、電池、ホッカイロなどにあてます。ご協力いただける方は下記の口座へのお振込みをお願いします。

     

     <ゆうちょ銀行>  

     名称:関 久雄(セキ ヒサオ) 
        記号10240 番号30538101

    「大和市と青梅市での福島のお話会とライブの案内」

    • 2012.10.25 Thursday
    • 22:45
     

    パソコンが不調で10日ほどメールが使えていません。
    管理人、Nさんにお願いして他のパソコンから原稿を送りアップしてもらっています。機械に弱くてすみません。

    今回は27日から神奈川県の大和市や東京の青梅に出かけ、ライブやお話会をやるのでその情報を発信します。

     

     

        「10/27大和ピースフェステバルでの詩の朗読と歌」

     
    10月27日、
    小田急線大和駅前で毎年、行われている「ピースフェステバル」で福島のお話をしながら詩の朗読とライブをやります。
    お時間のある方は是非、のぞいてみてください。
    私の出番は11時15分から50分までです。

    昔からの友人の方へ。顔が変わってます。
    ひげ面になって韓国の時代劇の役者みたいですよ。




     
      「福島のお話会イン大和生涯学習センター」

    同じ27日の夕方6時から、「大和生涯学習センター」の204会議室でお話会をします。
    3・11で私たち家族はどうなったのか、そして今、福島で何が起きているかなどスライドを交えてお話します。
    こちらにもぜひ、足をお運びください。入場無料です。

     


      「10/28さくらんぼハウスでのお話会」

    翌、28日(日)、相鉄線三ツ境駅から南口の商店街にあるコスモビル3階の「さくらんぼハウス」にて、10時半から12時までお話会をします。
    ここの主宰の宮川さんとはさくらんぼハウスを使った保養の申し出をいただき御縁ができました。
    日曜の午前中と時間も早いのですが、お近くの方はどうぞ、いらしてください。



      青梅のお話会とライブ「福島を想うキャンドルナイト イン 門修院」

    28日の夕方6時半から、青梅市の聞修院というお寺でお話会をやります。参加費500円。
    主催は「青梅ブンブンの会」
    詳しい行き方や問合せは
    090−2312−9598 星匠さん までお問合わせください。

    金曜行動の日

    • 2012.10.12 Friday
    • 21:10
     

    明日12日は脱原発、「金曜行動の日」です。
    福島駅前でのアクションに歌で参加してきます。
    先週からギターの他、マイク、アンプなど音響器材を持参してやっています。

     
    路上ライブで心がけていることがあります。
    ワンパターンに陥らず、どうやったら人の心に届く歌が歌えるか、ということです。
    オリジナルの「原発いらない、命が大事の歌」は、参加者には受けがいいので毎回やりますが、なるべく知っている歌をやって、通行人に振り向いてもらい、その時に、「こどもを逃がせ」や「放射能はいらない」のメッセージが目に入ってくれたらいいなと思ってやってます。
    先々週あたりから、ピエロのパフォーマンスも現れ、音楽仲間のクマさんも太鼓で入ってにぎやかになってきました。
    お時間のある方は金曜日の6時から福島駅前の交差点の角にぜひ、お集まりください。

     


    さて、今回、用意する歌は「世界中の子どもたちが」という歌です。この「世界中のこどもたちが」を、「福島の子どもたちが」に言いかえるだけで、泣ける歌になります。
    歌は力です。
    暮らしにも運動にも欠かせないものだと思っています。
    一緒に福島駅前で歌いましょう!

     

     

     

    「世界中の子どもたちが」(ふくしまの子どもたちが)

     

    世界中の子どもたちが 一度に 笑ったら

    空も笑うだろう ラララ 海も 笑うだろう

     

    世界中の子どもたちが  一度に 泣いたら

    空も 泣くだろう  ラララ  海も 泣くだろう

     

    広げよう ぼくらの夢を  届けよう ぼくらの声を

    咲かせよう ぼくらの花を  世界に 虹を かけよう

     

    世界中の子どもたちが 一度に 歌ったら

    空も 歌うだろう  ラララ 海も 歌うだろう

    ラララ 海も 歌うだろう

    「ピースフェステバル」のこと

    • 2012.10.03 Wednesday
    • 01:19
     

     10月の27日(土)に神奈川県の大和駅前で行われる「ピースフェステバル」で昨年に引き続き、福島の話と歌をやらせてもらうことになりました。
    私の出番は11時15分から35分くらいです。
    まあ、私は刺身のツマみたいなもんですが、他はナターシャ、寿、朴保など
    そうそうたる面子が出ます。
    いろいろなお店も出ますので、ぜひ、いらしてください。

     今回、私は灰の行進の報告と絡めて詩の朗読、そして自作の脱原発ソングを歌います。

     

     

     「ふくしまの今を語るお話会」のこと

     

     もう一つ、フェステバルが終了した夕方6時から、大和生涯学習センター204で号室で福島の現状についてのお話会をやります。駅から5分ほどだそうです。

    この企画は友人で支援を続けて下さっているダンサーのユミコさんが企画してくださいました。私と私の家族が原発事故からどのように生きてきたか、私が取り組んできた「佐渡疎開キャンプ」のこと、自宅の土を東電と国に届けた「灰の行進」のこと、そして「福島のいま」をスライドを交えてお話します。ぜひ、ご参加ください。
    無料です。

     
     なお、この日、快医学の橋本俊彦さんも参加します。
    橋本さんは原発事故当初から福島で自然医学による健康相談や講座を行い、
    放射能から身を守る術について伝えアドバイスし続けておられる方です。


     新たな出会いと結び直しの場にぜひ、お出かけください。

    17日の集合場所の訂正です。

    • 2012.07.08 Sunday
    • 01:15
    17日の集合場所に誤りがありました。訂正します。
    ・集合場所・・・×代々木公園
             〇日比谷公園
    混乱させてすみません。 

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    最新の記事

    カテゴリー

    プロフィール

    関ジョニー
    本名 関久雄
    岩手県生まれ
    港湾で働きながら神奈川県の夜学卒業。1977年からバイトとヒマラヤ登山に明け暮れる。  1983年、登山中の転落事故が人生の転機となり、東京「ほびっと村」で無農薬八百屋の見習い。1984年「八百萬屋(やおよろずや)」開業。  1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに脱原発運動に参加。各地で非暴力トレーニングを開催し、さまざまな反原発アクションを起こす。  1994年に福島県二本松に移住し、塾経営や社会福祉の仕事を経て、現在、自然体験宿泊施設NPO法人「りょうぜん里山がっこう」事務局長を務める。妻と子どもの6人家族。

    アーカイブス

    recent comment

    search this site.

    携帯サイトへ

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
                 

    PR