スポンサーサイト

  • 2013.03.24 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「たたり神」

    • 2013.03.24 Sunday
    • 00:38
     

    3月11日12日と「福島スタデイツアー」をやりました。
    福島のいまをあるがまま見ていただくツアーです。
    参加された兵庫の後藤由美子さんが感想を寄せてくださいました。
    その文章の一部と、私の詩「たたり神」を紹介します。

     

     
    「あれは、世界中が見なければならない」    後藤由美子

     

    今回、何よりも私の胸を打ったのは、三段に積まれて寄せ集められ、
    その上から大きな真っ黒のビニールカバーをかけられたあの仮置き場の
    『モニュメント』でした。

    それはまさしく命が削られ閉じ込められたもの。

    人々の暮らし、親しい生活の中にあった、花、草、野菜、虫、もぐら、ミミズ、種、卵、微生物・・・生き物たちはなぜあんなところに閉じ込められ、ものすごい放射線を浴びながらまだそこで呻いている?
    生活の中にあった最も親しいものたちが、真っ黒の巨大な異様な固まりになって
    増殖していく。
    ー略ー 
    あれは日本中の人達、世界中の人達が見なければならないものだと思います。
    ー略ー 
    私たち人間の間違いをこれほど如実に、象徴的に現したものはほかにないと思いました。

    祈られています。

    いのちの方から

     

     

     

    「たたり 神」

                                       2013年3月19日

     

      

     

    おばあちゃん あれは なあに

     

    あれは ゲンパツの お墓

    青い 袋の中には

    草や花や土や ミミズが 虫が ビセイブツが

    ホウシャノウと 一緒に閉じ込められ

    とてつもない ホウシャセンを あびながら

    袋の中で うめいている

     

    声が 聞こえるだろ 

    痛いよ 痛いよ 苦しいよ 苦しいよ

    あのものたちは わたしたち

    袋の中から 出されない

     

    ごらん 黒いゴムで覆って

    回りを鉄の板で囲んでいるが

    なあに いずれ あのものたちは 

    袋を食い破って外に出て

    たたり神となって 動き出すさ

    風になって 雨になって 

    けものになって 草になって

    米になって 魚になって 

    生き物の中に 忍び込む

     

    おばあちゃん たたり神は なくならないの

     

    あれは にんげんが 作ったものだからね

     

    お前は 遠くに行きなさい

    見たこと 起きたことを伝えなさい

     

    わたしは ここで たたり神をまつろう

     

    そして 考えなさい

    なぜ たたり神が生まれるのかを

     

    病院にて

    • 2013.03.20 Wednesday
    • 22:44
     

     娘の手術をきっかけに書いた詩です。

     

     

     

    病院にて

              2013.3.10

     

     

    点滴 ポタッ ポタッ

    手術のマスイ 切れ

    痛い いたい と 娘の うめく

     

    前十字じん帯 断裂

    高校最後の バスケの試合で やっちまった

     

    痛いよなあ と 

    冷たい足先をさするが

    目は なんとなく のど元へ

    甲状腺に のう胞 A2との診断

    避難もしたし 西の野菜も食べさせた

    マスクは嫌がってたけどなあ・・・

     

    逃げた日に ヨウ素がいっぱい降ったって

    と 連れ合いがこぼす

    仕方ねえべ ガソリンはねえし

    南さ 所沢しか 行くとこ ねがったんだよ

     

    チェルノブイリの知見では 4年後と

    100倍にもなった フクシマの甲状腺ガンを否定する

    バカヤローの 医大

     

    ありがとう 温かくなったよ と 娘の言う

    そう 良かった 

    お父さんの手からは 気が出るんだよ

    足を さすりつ 祈ります

     

    おまえの

    いのちのちから 失せぬよう

    わたしに

    まことの やさしさ 宿るよう

    「分かつこと」

    • 2013.03.02 Saturday
    • 23:28



     
    福島に残っている人達への思いを詩にしましたが、書ききれません。
    言えることは、
    原発から遠い生き方をしてきた人たちが、
    ひどい目にあっているということです。
    分かちあって欲しいのは辛さや悲しみ、痛みです。
    持てるものを分けることだけが「分かつ」ことではないのです。
    写真は福島市の水道局が水道水をペットボトルにして売り出したもの。
    かなりバッシングされました。
    カルトとも表されましたが、なぜ、人はこういった方向に向うのでしょうか。

     

     

     

    なじょすべ        

     

     

    わたしね 病気 治すために

    ムノウヤク野菜を 何十年も 食べてきた

    福島で 野菜 こさえるごども

    そこさ 居る ごども 

    やっては なんねえと 思うのさ

    だから カンパ 送らなかった

    まごどに 気の毒 だったども 

    と エミさんの 言う

     

    測定所 立ち上げた

    この 小松菜は 不検出

    よかったら 買ってくなんしょ

    それでも お客さん 3分の一

    と タモツさんの 言う

     

    下の 田んぼ 川の水が上がっから

    1万ベクレル あるんだよ

    阿武隈川の 青い 流れを見ながら

    スギウチさんの 言う

     

    ペットボトルの水道水 福島市が 売り出した

    すると 世間はこう 言うんだ

    カルト そのもの もう犯罪

    ストロンチウムは 測ったの

    プルトニウムは 出てないの

    フクシマ県を 閉鎖しろ

     

    なじょ すべなあ 

     

    おめさん方よ

    確かに オレも食わねえし

    飲んでくれとも 言わねえが

    悩む こころに 沿うてくれ

    オレたちに 欲しいのは 

    痛みを 分かつ こころだよ

    「ひなちゃんと紙芝居」

    • 2013.02.22 Friday
    • 00:57
     

    神奈川県の座間にある麦っこ保育園で福島の話をしてきました。
    子どもが相手だったので急ぎ紙芝居に仕立てて出かけました。

     
    麦っこ保育園に着いたら、雨の中、子どもたちがブルーシートで作った
    野天風呂に入っていてたまげました。
    子どもがごちゃごちゃいて何か避難所みたい。

    たちまち子どもが寄ってきて、

    「ねえねえ、おじさん、名前は?」
    「ジョニーだよ」
    「ジョニーだってえ。ね、笑って。あっ、かわいい!」

    ・・・と言われ、ジョニー、形無しです。


    紙芝居が始まりました。

    0歳児から年長児までが食いいるように見つめていた蓮くんのお話、
    「ぼくは米沢にいるよ」です。






    5歳のひなちゃんが帰りの車の中でお母さんに紙芝居のことを話してくれたとひなちゃんのお母さんからメールをいただきました。

    ひなちゃんの言葉がとても胸にしみたので詩にしてみました。
    詩のほとんどはひなちゃんの言葉です。


    ...


    「ひなちゃんと紙芝居」


    お母さん
    あの 紙しばい
    とっても かなしい お話だったね

    絵も きれいだったね
    サッカーボールも 描いてあった
    れんくん ぶかつも できなくなっちゃって

    おともだちや おとうさんと
    わかれなきゃ ならなくて
    かわいそう だった

    おとうさんと 
    さよならしなきゃ いけないところで
    ぎゅーって してて
    ひな なみだ 出そうになった

    ひなちゃん
    あれは ぜんぶ 
    ほんとうの話 なんだって

    えっ そうなの

    原発 ばくはつ したことも
    おともだちや おとうさんと
    わかれなきゃ ならなかったことも
    だまって 転校 したことも

    いまは 米沢に いることも

    「いまだ青春の途上」

    • 2013.02.15 Friday
    • 23:29
     
    飛騨の高山に原発のお話をしに行ってきました。
    夜の交流会は子どもの本屋でカフェ、そしてライブハウスでもある
    「ピースランド」でした。

    古い高山の風情が残る町家を改装したお店で、ディラン、ジャズ、フォークと
    70年代のにおいがそこかしこに漂っていました。
    前日には70年代を代表するフォークシンガー、三上寛のライブがあって、
    明日は友部正人のライブがあるとのこと。
    友部さんは僕も横浜に何回か呼んだことがある。
    その間をぬって僕は自作の「神無月」を歌い、
    店主の中神さんは高田渡の「生活の柄」を歌ってくれました。
    しみじみとして良かったなあ。
    思えばいまも昔も変わらない。
    恋もするしさ。


    60過ぎてもいまだ青春の途上です。

     




    さて、次の詩は帰りの新幹線の中の母子を見て書いたもので、
    自分の少年時代とかぶったものです。

     

     

     

    「かなわないや」

     

    東にむかう 電車の中 

    子どもに ほほずりする お母さん

    自信に 満ちて

    それでいて どこか 色っぽい

     

    3・11 直後の新幹線は 

    子連れの母子で あふれてた

    家に だんな ふるさと しがらみ

    いろんなものを 後にして 

    西へ 西へ 遠く 遠くへ

     

    この 白髪 抜いてけろじゃ

    鏡を のぞき込みながら 母っちゃの 言う

    びん油の におい

    母の中にある おんな を感じて 

    いやだった 少年の わたし

     

    目の前の

    子どもを 抱っこする お母さん

    物思い に ふける

    わたしの目を キッと 見る

    おっと しつれい

    そこらが どこか かわいらしい

     

    母親 おんな 女神さま

    やっぱり 女のひとには かなわないや

    「原発にはトイレがない」

    • 2013.02.11 Monday
    • 23:38
     昔から、「原発はトイレのないマンション」だと言われていました。
    立派に見える建物も、汚染物質を捨てる場所がない。
    10万年も管理できないのに増え続ける放射能のウンコ=高レベル廃棄物。
    結局、これが解決できないから原発は止まると言われています。
    「じゃあ、さっさと止めろよ!」と言いたくなりますが止まらない。
    その思いを詩にしました。

     




    添付した写真はホットスポットの伊達市小国地区の小学校です。
    ここから400〜500マイクロシーベルトの線量が出たとネットで情報が出ました。
    私の所にも問い合わせが来て、仕事の帰りに測りにいきましたが、4マイクロシーベルト位でした。
    いったい、4〜500の数値がでたのはどこなんだろうか。


    もう一枚、仮置き場に山積みの汚染土の写真。
    これもどこにいくのでしょうか。

    この中で私たちは暮らしています。


     

     

    「ゲンパツトイレ」

     

    トイレそうじは わたしの 日課

    シュッシュ ゴシゴシ ああ きれい

    ウンコ バイバイ オシッコ バイ

     

    浄化槽の中で ハッコウして ガスと水とになるんだね

    でも いまは セシウムも きっと残ってる

     

    ゲンパツには トイレがないから

    ウンコが たまってんだって

    すると だれかが やってきて ささやくんだ

     

    トイレを どこにしますかね

    マグマの中か 宇宙の外か まっ

    つまるところ ウンコの処理できないので

    ゲンパツはいずれ 無くなりますよ

     

    ええー じゃあ なんで今 動かしてんだよお

    さっさと 止めろよお

     

    それはですね お金もほしいし 

    ゲンバクも ほしいから 動かしているんです

    稼げるときには しっかり稼がなくちゃ

    死の灰が降ろうと お金のためなら

    いのちもいりませんよ

     

    あんた だれ と聞くと

    ニヤッと笑って 消えた

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    最新の記事

    カテゴリー

    プロフィール

    関ジョニー
    本名 関久雄
    岩手県生まれ
    港湾で働きながら神奈川県の夜学卒業。1977年からバイトとヒマラヤ登山に明け暮れる。  1983年、登山中の転落事故が人生の転機となり、東京「ほびっと村」で無農薬八百屋の見習い。1984年「八百萬屋(やおよろずや)」開業。  1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに脱原発運動に参加。各地で非暴力トレーニングを開催し、さまざまな反原発アクションを起こす。  1994年に福島県二本松に移住し、塾経営や社会福祉の仕事を経て、現在、自然体験宿泊施設NPO法人「りょうぜん里山がっこう」事務局長を務める。妻と子どもの6人家族。

    アーカイブス

    recent comment

    search this site.

    携帯サイトへ

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
                 

    PR